専門教育と
人材教育

専門教育と人材教育

老人福祉法制定から今日に至るまで、我が国において急速な福祉政策や社会が創り上げられてきた。特に少子高齢者問題は、世界に稀にみない。
この急速な社会問題は、政策だけの問題ではなく、この問題に直接関わる方々に靄をもたらし、軟弱な福祉基盤を作り上げている。
急速な問題に対応するには、福祉サービスの受け皿が急務になり、急速な福祉サービス事業所の開設が行われ、福祉に対する未熟な経営者の増加や福祉医療専門リーダーの教育不足、専門職の教育不足による離職問題(離職率と定着率)、福祉や社会・利用者や家族・サービス・職員の問題に対して無関心な管理者や経営者が増加し、人を支援する関係性、つまり相互関係が確立されない福祉人材が増加している。
職員間の関係性や組織がつくり問題視され、利用者やその家族、地域からはケアのあり方や専門職としての品格に不安の抱える地域社会となっていると言って過言ではない。
そこで、経営者、管理者、中間管理職、リーダーとしての資質を高める人材教育を専門的視点から教育を行う必要がある。

主に組織つくりや教育では、事業所に出向し、各職員のカウンセリングやヒアリングを行い、問題を抽出させ、問題提起、解決方法を導き確立させる。
経営書や管理者が求める専門職とは何か。
専門職から信頼される管理者や経営者とは何か。
福祉サービスを利用する方やその家族から信頼される専門職や事業所とは何か。
地域社会から信頼される事業所とは何か。地域社会から必要とされる事業所とは何か。 専門の指導者を出向させ、教育研修や事業指導を行うことによって事業所の専門性を高め、適切な職員組織を構築する効果がある。

福祉の人材教育事業

  1. 福祉職としての基本研修、社会人としての基礎研修など
  2. 専門教育(人間関係、コミュニケーション、対話、福祉技術、認知症・障害者の理解、対人心理、ソーシャルワーク、マネジメント技法など)

管理者及び専門職教育、
社会教育、組織教育

  1. 信頼される中間管理職、管理職、経営者の教育と品格、人材マネジメント、リーダーとは何か、組織づくりとは何か
  2. 経営者、管理者教育が考える良質な職員関係、共存事業、社会事業とは何か、など
  3. 福祉経営学、福祉運営学、アサーショントレーニングの実践な、コンプライアンス、労務教育など

福祉専門職の出向、
紹介や外国人労働者の指導、
派遣、紹介事業

  1. 外国人の派遣、紹介、指導など
  2. 福祉専門職の出向・紹介事業
  • 事業所内外の研修やセミナーの開催、面接指導などを行う。
  • 事業所へ出張研修
    研修を数回に開催し、様々なテーマに沿った講習や研修会を実施する。
  • 組織つくりについては、事業所に出向し、各職員のカウンセリングやヒアリングから問題を抽出させ、問題提起、解決方法を導き確立させる。

事業所内において、人材確保は出来ていますか?

福祉事業所は、法律に基づき、人員配置数が定められています。それによっては加算がなされ、収益が大幅に違ってきます。

人材確保するにあたって、日本の生産人口の減少の為(少子化)、諦めていませんか?専門職を確保するにあたって、募集内容を今一度考えて見ませんか?定職率が安定しない、離職率が多く、常に気にしている事業所は、管理視点として大きなエネルギーを消費し、これまでの期間フィードバックしてみると、全くと言って改善されていないことに気が付きませんか?
解決策としてとする職員の離職問題に大きなウエイトがかかり、この問題ばかりを考え大事な業務を見失っていませんか?これらを一緒に考えて見ませんか?
そして、職員の意識問題、福祉の専門性を考え、福祉事業所として人として、地域に喜ばれる事業所を目指しませんか?

弊社は、これらの問題に対して、しっかりとサポートしていきます。